当事務所では、公正証書遺言の作成のお手伝いをいたします。

準備するもの

①預貯金通帳(表紙、1ページ目の見開き)コピー

②不動産の登記事項証明書(コピー)

③固定資産税評価証明書

④自家用車車検証(コピー)

⑤遺言者の戸籍謄本・住民票

⑥相続人・受遺者の戸籍謄本・住民票

⑦遺言者の実印・印鑑証明書

打ち合わせ

証人2名以上決める・・・信頼できる人もしくは弁護士・司法書士・行政書士など

証人が準備するもの 住所がわかる身分証明書、印鑑(認印でOK)

・・・・・・・・《下記の人は証人になれません。》・・・・・・・・・・・・・

推定相続人、受遺者、これらの配偶者、直系血族、未成年者、公証人の配偶者

4親等内の親族、公証役場の書記及び雇い

公正証書遺言作成の流れ

遺言書の原案の作成
箇条書きで
資料を準備する
上記①~⑦
証人を2名以上決める
当事務所にお任せならこちらで手配します
公証人と事前打ち合わせ
当事務所で代理に打ち合わせいたします
証人と公証役場へ
証人には、住所がわかる身分証明書、印鑑(認印でOK)用意
証人2名以上が立ち合い、公証人から本人確認、質問などをうける
本人確認のため、遺言者は実印と印鑑証明を用意
遺言者が遺言の主旨を伝える
遺言内容の確認
公証人が遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み上げる
公証人による遺言者の意思確認となります
遺言者及び証人が、遺言書が正確なことを承認。遺言者及び証人2名署名捺印
遺言者が手が不自由で自署できない場合は、公証人が代筆。事前に伝えておく。
公証人が署名捺印
民法969条の方法に従い真正に作成された旨を付記
公正証書遺言の完成
原本・正本・謄本の3通作成。原本は公証役場で保管、正本は遺言者、
              謄本は遺言執行者や証人などが保管

当事務所の報酬額(税別)

公正証書遺言作成               50,000円~
相続人の戸籍収集調査             10,000円(3人まで)~ 相続人数により追加料金あり
相続人の調査                 10,000円(3人)~  相続人の数により追加料金あり
                                   1名 1,000円  
相続人で所在等不明の方の調査         10,000円(1人につき) 
相続財産(不動産)の調査           30,000円~      不動産の数により追加料金あり
相続財産(預貯金・出資金・証券など)の調査  15,000円(1件)~ 相続財産の数により追加料金あり
証人への報酬は別途必要            10,000円(1人)
財産目録の作成                15,000円
公証役場への手数料(財産の額によって決まります)
※ 戸籍謄本・住民票・固定資産税評価証明書・登記事項証明書等のお取得時の手数料別途必要です。
 お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。