相続の承認・放棄について

相続人は、相続開始後、相続財産の額や負債の有無によって、その相続を承認(単純承認限定

承認)するか放棄するかの選択権を有します。

限定承認と相続放棄に関しては相続開始があったことを知ってから3ヶ月以内にしなけれ

ばならないという民法の規定があります。この相続の承認・放棄は、相続開始前は無効です。


単純承認とは

被相続人の財産を無条件・無制限に承認することです。つまり。プラス財産である土地・建物

や預貯金を相続するだけでなく、借金などの債務も引き継ぎます。

また、単純承認には、「法定単純承認」というものがあります。

この「法定単純承認」とは、以下の場合には単純承認されたものとみなされる民法の規定です。

  単純承認とみなされる行為


1.相続人が相続財産の全部又は一部を処分した場合(保存行為は除く)

 2.3ヶ月の期間を徒過した場合

 3.相続財産を隠匿し、自身のために消費したりなど背信的行為を行った場合。


限定承認とは

相続人が相続によって得たプラスの財産の限度でのみ、被相続人の債務・遺贈などの負債を弁済する

という相続の意思表示のことです。


例えば、1,000万円の預金と、2,000万円の借金があった場合に、限定承認すると債務者に

    対して1,000万円を限度として責任を負うという制度です

相続した財産の範囲内で被相続人の債務を弁済すればいいので、余りがあれば相続できます。


この限定承認は相続人が数人いる場合には、相続人全員で限定承認をしなくてはいけません。

《限定承認の手続き》

家庭裁判所へ提出 :相続人が相続の開始を知った時から3ヶ月以内に遺産の財産目録を調製。

家庭裁判所へ申述 :相続人全員で限定承認(共同相続人全員)。

共同相続人の一部が単純承認した場合には、残りの共同相続人は限定承認をすることができません。

しかし、共同相続人の一部が相続放棄をした場合は、残りの共同相続人は限定承認できます。


相続放棄とは

相続財産には、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も含まれます。

相続財産を確定して、プラスの財産よりもマイナス財産(負債)のほうが大きい場合は、

相続を放棄するという手続きが認められています。

つまり、相続放棄とは被相続人の一切の財産を相続しないことで、

プラスの財産もマイナスの財産も全てを放棄することです。

相続を放棄すると初めから相続人でなかったものとみなされます。

また、放棄した者に子が存在したとしても、代襲相続は発生しません。

《相続放棄の申述方法》

申述人   :相続人

申述期間  :相続の開始を知ってから3ヶ月以内
申述先   :被相続人の最後の住所地の家庭裁判所

申述費用  :収入印紙800円分、連絡用の郵便切手

必要なもの :申述書、被相続人の住民票の除票または戸籍の附票

       放棄する人の戸籍謄本、被相続人との相続関係を証する戸籍 ・除籍・改製原戸籍謄本