当事務所では、自筆証書遺言の作成のお手伝いを
いたします。
準備するもの
① 預貯金通帳(表紙1枚目見開き)コピー
② 不動産の登記事項証明書(コピー)
③ 固定資産税評価証明書(コピー)
④ 自家用車車検証(コピー)
⑤ 贈与したい方の住所が分かるもの
 (※贈与したい方がいる場合のみ)
⑥ 相続人の生年月日
⑦ 実印・印鑑証明書(遺言書の真実性の証明のため)より真実性を証明するためあった方がよいので
⑧ 筆記具・紙

きれいな街並み

上記①から⑧が準備できたら、なにを誰に相続させるか、遺贈するか
書きだしてください(箇条書き)。
箇条書きで書き終えたら、当事務所で法的な形式に従って下書きいたします。
当事務所で下書きができたら、ご本人で清書してもらいます。


【法務局の保管制度を利用する場合】

自筆証書遺言は法務局で保管できます

2020年7月10日から保管制度開始しました。

裁判所の検認手続き不要!  証人不要! 低価格で保管!

法務局の保管は予約制となっています。
準備するもの
・遺言書(形式があります)
・申請書
・本籍の記載のある住民票の写し
・本人確認書類(免許証、マイナンバーカードなど顔写真が付いているもの)
・手数料 1通 3,900円(収入印紙)


当事務所の報酬額(税別)

自筆証書遺言のチェック・添削10,000円
自筆証書遺言の下書き30,000円
相続人の調査10,000円(3人)~
相続人の数により追加料金あり1名 1,000円 
相続人で所在等不明の方の調査10,000円(1人につき)
相続財産(不動産)の調査 30,000円~
不動産の数により追加料金あり
相続財産(預貯金・出資金・証券など)の調査15,000円(1件)~
相続財産の数により追加料金あり
財産目録の作成15,000円
※戸籍謄本・住民票・固定資産税評価証明書・登記事項証明書等のお取得時の手数料別途必要です。

お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。
当事務所へのご相談・ご依頼の流れはこちら   ➲ サービスの流れ