相続税は相続人が税額を計算し、税務署へ申告する必要があります。
相続税の申告と納付まで、相続の開始を知った日の翌日から10ヶ月以内に行わなければなりません。
ここでは、相続税の納付までの流れに関して説明させていただきます。

《相続税の計算から納付までの流れ》
①故人の財産を調査し確定する。
②相続財産が確定できたら、相続財産の評価額の計算をする。
③故人が生前贈与していた場合や死亡保険金や死亡退職金なども含む。
④非課税枠や課税価格の減額、債務、葬式費用などを差し引く。(課税価格の合計額)
⑤ ④の課税価格の合計額から基礎控除額を差し引く。(課税資産総額)
⑥課税価格の合計額が基礎控除額より多いと相続税がかかり、少ないと相続税はかからない。
⑦ ⑤の課税資産総額を、各相続人に法定相続分で分けたと仮定して、税率表と照らし相続人ごとに相続税額を計算する。そのうえで、個別に計算した金額を加算し、相続税の総額を出す。これから、実際に相続した割合で計算し、各相続人の相続税額を出す。
⑨最後に控除の有無を確認する。(配偶者控除など)
⑩税務署に申告し税金を納付する。(相続の開始を知った翌日から10ヶ月以内

  ⑤の基礎控除額の計算

3000万円+(600万円×法定相続人の数)=基礎控除額

相続税の計算は、場合によっては複雑な計算となります。
基礎控除額を超える財産がある場合は、一度、専門家(税理士)に相談することをおすすめします。