金融機関は口座のある方が亡くなることを知ると、口座を凍結するので、出入金、引き落としができなくなります。この凍結された口座を解除するには、相続手続きが必要です。

平日仕事で金融機関へ行けなかったり、高齢で身体が不自由などの理由から、相続人以外の者が相続人に代わって預貯金等の相続に関する手続きを行いたい場合は、委任状を作成し、相続人の代わりに代理人が手続きを行うことができます。金融機関によっては所定の書式が定められている場合があるので、事前に確認しましょう。
また、口座凍結解除や振替手続きに関しては、遺言書がある場合とない場合、遺産分割協議書がある場合とない場合とで準備する書類が変わってきます。
当事務所では、相続手続きの一環として口座凍結
解除・振替手続き・名義変更を行っています。

デスク風景

【当事務所のサービス】
①預貯金相続手続きに関する相談
②必要書類のお知らせ
③預貯金相続手続き申請の作成代行
④金融機関への手続き申請代行

【必要な書類】
①金融機関所定の申請書
②遺言書(ある場合)
③遺産分割協議書(ある場合)
④被相続人の戸籍謄本(出生から死亡まで)
⑤各相続人の戸籍謄本
⑥各相続人の実印・印鑑証明書(発効から6ヵ月もしくは3ヶ月以内)
⑦故人の通帳、キャッシュカード(紛失してなければ)
⑧紛失届(紛失している場合)


当事務所の報酬額(税別)※遺産分割協議書が必要ない場合の金額です。

預貯金・出資金
・証券などの調査  
15,000円
(1件)
金融機関の名義変更
・払戻し
・凍結解除
20,000円
(1件)
証券の口座開設、
売却
30,000円
(1件)
相続人の調査10,000円
(3人まで)
相続人の数によって追加料金あり
1名 1,000円
相続人で所在等不明の方の調査 10,000円(1人につき)
被相続人・相続人の戸籍収集代理取得1通1,200円
取得時の手数料は別途必要です
※金融機関によっては残高証明の取得時に別途手数料が必要です。

お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。