遺言書の種類

遺言には大きく分けて「普通方式」「特別方式」があります。
「普通方式」はいつでも自由に作成することができます。「特別方式」は普通方式では間に合わない場合に認められる遺言です。具体的には「死亡の危急に迫った者の遺言」「在船者の遺言」「船舶遭難者の遺言」「伝染病隔離者の遺言」があります。普通方式の遺言は、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3つがあります。

               【秘密証書遺言】
作成方法  遺言者が署名・押印した遺言書を封筒に入れ、遺言書に用いた印章で封印し、公証人・証人2名の前に提出して自己の遺言であることを申述する。公証人が日付、遺言書の申述を封紙に記載後、遺言者、証人と共に署名・捺印する。
印鑑遺言者は遺言書に押印した印鑑。証人は実印・認印どちらでも可。
保管遺言者本人が保管もしくは遺言書で遺言執行者に指定した者など。
検認家庭裁判所による検認は必要。
メリット
デメリット   
遺言書の内容・存在を秘密にできる。偽造・変造のおそれがない。未発見のおそれがある。
要件不備による無効、内容のあいまいさによって相続人同士の争いのおそれあり。公証人の作成費用がかかる。

遺言書を書くときの注意点(秘密証書遺言)
公証人と証人2名の立会のもとに公証役場で作成されます。
公証役場では遺言書の保管は行いませんので、遺言者本人が保管するか、遺言執行者に指定した者が保管することになります。遺言者が、公証人1人および証人2名の前に封書を提出し、自己の遺言書であることを申述します。
公証人がその証書を提出した日付、遺言書の申述を封紙に記載し、遺言者、証人とともに署名・捺印します。
作成費用の手数料は財産の額に関係なく1万1千円です。秘密証書遺言は家庭裁判所での検認が必要です。