相続財産を相続人全員でどのように分けるかは、まず、被相続人の遺言によって決めます。

遺言が存在しない場合、原則として法定相続分によります。ただし、相続人全員で分割方法に

ついて協議が成立した場合は法定相続分で分ける必要はありません。

また、相続人のうち1人でも協議に参加していない者がいる場合は、その遺産分割協議は無効です。

相続人全員の協議がまとまったら、協議の内容をまとめた『遺産分割協議書』を作成します。

なお、協議がまとまらないときには、家庭裁判所に調停を申し立てます。

     《 法定相続分 》
相続順位    相続人・相続分
第一順位   配偶者 1/2、子 1/2
第二順位   配偶者 2/3、直系尊属 1/3
第三順位   配偶者 3/4、兄弟姉妹 1/4

子や直系尊属又は、兄弟姉妹が数人である

ときは、各自の持ち分は等しくなります。

ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟

姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする

兄弟姉妹の相続分の2分の1となります。


すべての相続人の協議により、法定相続分にとらわれることなく相続財産を分割することもできます。

遺産分割の方法として、『現物分割』・『換価分割』・『代償分割』・『共有分割』の4つの方法があります。

【現物分割】  現物の財産をそのまま配分する方法  
        (例)預貯金は配偶者、不動産は長男、証券は次男に
【換価分割】  財産を売却し、その代金を配分する方法 
        (例)不動産を売却し、売却代金を長男、次男が各1/2 分ける
【代償分割】  財産を特定の者が取得する代わりに、他の相続人に相続分に応じた金銭を支払う方法
        (例)財産が不動産のみで、次男がこれを取得する代わりに他の相続には、次男が相続分に
           応じた金銭を支払う
【共有分割】  財産の全部または一部を相続人で共有する方法 
        (例)不動産を、長男と次男がそれぞれの持分1/2で登記する

遺産分割協議書の作成

相続人全員で協議が成立した場合には、その内容を書式にまとめる必要があります。

その書式にまとめたものが遺産分割協議書です。

遺産分割協議書には、誰が、相続財産を、どうするのかを具体的に記載し、明確に特定します。

遺産分割協議書は、相続人同士の争いを防止するためや、相続手続きの際に必要な場合など

あるので、作成しておくことが望ましいです。

遺産分割協議書は相続人の人数分を作成し、各自一通ずつ保管します。